野崎 剛右 Koske Nozaki, リコーダー奏者

paonozaki.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 30日

プロフィール

               Koskè NOZAKI
a0236250_1254870.jpg


Profile

Koskè Nozaki (Tokyo, 1988) began playing recorders at the age of 9 at the music class in his primary school. He loved the friendliness of such a simple flute with so many possibilities in the music performance and had a lot of curiosity for their repertoire and the instrument itself.
His school life at a beautiful seaside was focused on the recorder ensemble with his friends,
which taught him a lot of basic musical knowledge.

In his high school life, he studied at the music department of a public school.
There he learned not only recorder as his major, but violoncello in the school orchestra as well.

He then studied recorder and Early Music performance at The National Tokyo University of Fine Arts and Music, where he obtained his Bachelor degree. He was singing in a choir, which performed Bachs cantatas and he was also a member of an Irish folk band in his spare time.

After three years of working as a recorder player and teacher in Japan, he moved to The Netherlands.

He has got his Master’s degree at the Royal Conservatoire in The Hague where he studied recorder with professor Reine ­Marie Verhagen and Daniël Brüggen. His master research has been successfully finished with the title, "A practical exploration of the historical fingerings of Baroque Recorders in England, France and Germany." ( https://www.researchcatalogue.net/profile/?person=99986 )

He is currently studying in France, at CRR de Paris with Sébastien Marq.


Education


  • Royal Conservatoire, The Hague, 2014 - 2016

  • The National Tokyo University of Fine Arts and Music, Tokyo, 2007 ­- 2011

  • Komoro high school music department (public school), Nagano, 2004 ­- 2007


  • Music career

  • Koskè has performed and organised dozens of solo and ensemble concerts and has experience educating through direct teaching, as well as writing and playing for Japanese text books.

  • He performed at several international Early Music festivals such as in Bruges, Utrecht, Deventer, Vanves in France and Belgrade in Serbia. He is also a member of a renaissance recorder consort, “Block6 The Hague” which consists of globally active recorder players from the Netherlands, Switzerland, France, Korea andJapan.



野崎 剛右(のざき こうすけ)/ Koskè Nozaki

---プロファイル---
 東京に生まれる。9歳のとき、小学校の授業でリコーダーと出会う。その簡素な笛の、親しみやすさと演奏の可能性に惚れ、幅広いレパートリーと楽器そのものに興味を抱く。
 静岡県南伊豆町の美しい海岸の見える全寮制小学校で、友人らとリコーダーアンサンブルに没頭したことが、彼に多くの音楽の基礎を与えた。
 長野県立小諸高校音楽科リコーダー専攻卒業。標高800メートルの山の上での学校生活では、リコーダーだけでなく、オーケストラでチェロの演奏を学ぶ。
 東京藝術大学音楽学部器楽科古楽・リコーダー専攻では、リコーダーと古楽演奏法を学び、音楽学士号を取得。在学時は合唱団に所属し、多くのバッハのカンタータを演奏したほか、アイリッシュ・フォーク・バンドのメンバーでもあった。
 卒業後、リコーダー奏者、指導者としての活動の後、2014年にオランダへ渡る。デン・ハーグ王立音楽院より学費免除を受け、古楽科リコーダー専攻修士課程を修了。修士研究は、"A practical exploration of the historical fingerings of Baroque Recorders in England, France and Germany." のタイトルとともに成功を収める。
 2016年、日本政府文化庁新進芸術家海外研修制度の支援を受け、現在はフランス、パリ国立地方音楽院古楽科リコーダー専攻に在籍。
 主にリコーダー・コンソートで、オランダ・ユトレヒト、デイフェンター、ベルギー・ブルージュ、フランス・パリ(ヴァンヴ)、サン・ル・ラ・フォレ、セルビア・ベオグラートなど各地の古楽音楽祭に出演するほか、オーケストラプロジェクトではヴェルサイユ宮殿のオペラ・ロワヤル、シャペル・ロワヤルでの公演などで演奏。
 
 これまでに、リコーダーを品川治夫、吉澤実、山岡重治、レーヌマリー・フェアハーヘン、セバスチャン・マルク、リコーダーとリコーダー・コンソート をダニエル・ブリュッヘンの各氏に師事。


 国内では、PAO 音楽事務局を主宰、2年間で20回のコンサート企画をはじめ、活発な演奏活動を行ってきたほか、ギタルラ社東京古典楽器センター、東京リコーダー協会、NHKカルチャー等で講師を経験。
 NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音の収録に協力する。
リコーダーユニット「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「アンテロープ・リコーダー・コンソート」、「たてぶえ系男子」、ローラン・テシュネ氏主宰古楽器と邦楽器からなるコンテンポラリー・オーケストラ「アンサンブル室町」メンバーとして活動。


---学歴---
長野県立小諸高校音楽科リコーダー専攻卒業。
東京藝術大学音楽学部器楽科古楽・リコーダー専攻卒業。
オランダ、デン・ハーグ王立音楽院古楽科リコーダー専攻修士課程をディプロマを得て修了。
現在フランス、パリ国立地方音楽院古楽科リコーダー専攻に在籍。

---受賞歴---
中学時より全日本リコーダーコンテストに出場し、独奏、重奏、合奏の各部門で数多くの金賞を受賞。
第27回同コンテスト独奏部門では特に優秀な演奏者に贈られる、花村賞を受賞。
第10回KOBE国際学生音楽コンクール管楽器部門、優秀賞(第2位)。
第26回国際古楽コンクール<山梨>、ファイナリスト。
東京藝術大学音楽学部同声会新人賞。


[PR]

by koske-p-nozaki | 2015-03-30 19:51 | Profile | Comments(0)


<< アーティキュレーション 1      最新 レッスン スケジュール >>