野崎 剛右 Koske Nozaki, リコーダー奏者

paonozaki.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 14日

11/10 リコーダーその古の姿をたずねて Vol. 3

本公演は終了いたしました。
300年前の音色を再現 !?  

次回の自主企画公演は、古(いにしえ)シリーズ第3弾です。
9/16の青葉台で公演が、ご好評いただき早くに完売してしまいましたので、再演を企画させていただきました。
聴き逃してしまった!という方は、チャンスです!
また、青葉台公演からプログラムに変更がありますので、リピーターの皆さんにもご満足いただけると思います。

2012, 11/10 (土)
a0236250_0404184.gif

オリジナル楽器の忠実なコピーにより、
バロックの音色が現代によみがえる!

*T.Stanesby Sr., N.Hotteterreのモデルに基づくシングルホール、無修正オールド・フィンガリングのリコーダーを使用。

※オールド・フィンガリングとは、一般的なバロック運指、イギリス運指とは異なる、18世紀当時採用されていた指使いのことです。

実は、現在のバロックフィンガリングは20世紀に作られたもの。また現在は6、7番のトーンホール(右手薬指と小指)には2ずつの穴がある(ダブルホール)が、バロック当時のリコーダーは、普通、1つ(シングルホール)であった。これらはリコーダーを教育楽器として演奏を容易にするための改造である。そのとき、この楽器の魅力の多くは失われてしまった。バロック時代に採用されていた運指のことをオールドフィンガリングという。また、当時の主要なリコーダー教則本に見られる運指は、特定の音で6番のトーンホールを塞いで楽器の安定を保つ、サポートフィンガリングである。こうしたシステムは、リコーダーの音色づくりに計り知れない効果を与える。これまで一見無表情と思われてきたリコーダーのキャラクターが、一気にその本来の姿を浮かび上がらせた。パオの音楽事務局では、昨年の11月より国枝俊太郎氏らと共に、当時のスタイルの楽器を使用したコンサートシリーズを企画。多くの リコーダーファンから驚きと絶賛の声をいただいている。来る11/10(土)、目白でのコンサートは満席次第売り切れ御免。現代によみがえった、いにしえのリコーダーの響きをどうぞお聴き逃しなく。


*PROGRAM*

G.フィンガー(ca.1660 -1730):ソナタ ヘ長調
Gottfried Finger:Sonata in F-Major

J.ペイジブル(1650-1721):ソナタ ホ短調
Jacques paisible:Sonata in E-minor op. 1-6

D.ドゥモワヴル(c.1675-c.1720):組曲 ニ長調 (ソロ)
Daniel Demoivre : Suite in D-major

J.Ch.シックハルト(1682-1762):組曲 イ短調 (『リコーダーの原理』より )
Johann Christian Schickhardt:Suite in A-minor from “Principes de la Flûte”

J.オトテール(1674-1763):組曲 ハ長調 より
Jacques Hotteterre : Suite in C-Major op. 8

J.B.de ボアモルティエ(1689-1755):ソナタ ニ短調
Joseph Bodin de Boismortier : Sonata in D-minor op. 8-5

J.B.de ボアモルティエ(1689-1755):組曲 ヘ長調(ソロ)
Joseph Bodin de Boismortier : Suite in F-Major op. 35-4

A.D.フィリドール(1681-1728):組曲 変ロ長調
Anne Danican Philidor :Suite in B♭-Major op. 1-2

J.オトテール(1674-1763):パッサカイユ (組曲 ニ短調 より)
Jacques Hotteterre :Passacaille from Suite in D-minor op. 4


Instruments
Alto Recorder in F a'=415, 402 after Thomas Stanesby Sr. ( ca.1668-1734, London )
by K.Kinoshita
Alto Recorder in F a'=392 after Nicolas Hotteterre ( 1653-1727, Paris )
by K.Kinoshita

入場料 ¥2500(学生¥1500)
※40席限定。満席になり次第販売終了とさせていただきます。お早目のご予約をお願いいたします。

チケットのご予約・お問い合わせ
パオの音楽事務局 TEL. 090-9669-6446 ( 野崎 )
E-Mail. arcangelo4989@yahoo.co.jp
(上記連絡先へ、お名前と連絡先、御希望の人数をお知らせください。追ってご連絡させていただきます。)
[PR]

by koske-p-nozaki | 2012-11-14 01:45 | リコーダーに関する話題 | Comments(2)
Commented by 職務経歴書の自己PR at 2012-11-21 18:04 x
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Commented by koske-p-nozaki at 2012-11-29 04:46
コメントありがとうございます。同シリーズは,
来年2/23に同じく目白にて予定しております。是非お出かけくださいませ!


<< 2013.1/12(sat) ...      9/16(日) リコーダー、そ... >>