野崎 剛右 Koske Nozaki, リコーダー奏者

paonozaki.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 23日

Moeck, Rottenburgh Alto a'= 442Hz, Ebony/ メック社 ロッテンブルグ アルト a'= 442Hz, 黒檀

編集 | 削除
SOLD!
売却されました。

Moeck, Rottenburgh Alto recorder a'= 442Hz, / メック社 ロッテンブルグ・モデル アルトリコーダー a'= 442Hz
Made of ebony with ivory ring ornaments, / 黒檀製、象牙リング装飾
with original hard case / オリジナル・ハードケース付き

Price:
¥143,640 → ¥80,000-
( ¥63,640- OFF !)
a0236250_10450857.jpg
 世界最大手のリコーダーメーカー、ドイツ・メック社の最重要モデル、”Rottenburgh”は、アメリカの製作家、F. Von Huene によって、ベルギーのブリュッセル楽器博物館所蔵のオリジナルを参考に設計され、当時には真新しかったヒストリカルモデルの量産品として大ヒットしました。今なお世界中で愛用されて続けている、ロングセラーです。

 今回販売の楽器は、前所有者によってオランダで 1980年に購入されました。頭部間の上部、側面にヒビ割れがありましたが、私がドイツ、ツェレのMoeck社に依頼し修復してもらいました。ヒビは完全に修理されており、またヒビの箇所自体そもそも演奏に全く支障はありませんので、ご安心ください。(画像参照)
 
 この楽器は現行の同モデルの一つ前のタイプで、チューニングにおいて、前々型からの改良が見られます。ラビウムの長さは前々型(短い)と最新型(長い)の中間に当たりますが、幅は広く、前々型と同じです。現行の製品とは一味違うキャラクターを楽しめます。全音域においてバランスよく鳴り、均整のとれたチューニングで、モダンリコーダーとヒストリカルモデルのハイブリッドとも言える楽器です。特に黒檀製でリング装飾付きのこのモデルは、ミカラ・ペトリが長く愛用していることでも有名ですが、この楽器自体、まさしく「そういう音」のする楽器です。製作から年数が経っていることで木がとても安定しています。落ち着いた黒檀材が奏でる音色とその心地よい吹奏感は、音楽作りを大いに手助けしてくれます。私がこれまで見てきた同モデル、同材質の楽器中で、最高のコンディションです。サムホールの削れも全くありません。

 初めての木製アルトリコーダーをお探しの方にとっても比較的扱いやすい楽器ではないかと思います。 
オリジナルのハードケースと、当時のパンフレットや備品もそのままお付けします。
a0236250_10474263.jpg
a0236250_10484510.jpg
a0236250_10500999.jpg

お気軽にお問い合わせください。

ContactPao音楽事務局
Koskè 野崎,
Email arcangelo4989@yahoo.co.jp
(English, 日本語)

[PR]

by koske-p-nozaki | 2017-06-23 05:43 | リコーダー販売 | Comments(0)


<< 現代リコーダー界からの目覚め(...      Aura, Sopranin... >>