人気ブログランキング |

野崎 剛右 Koske Nozaki, リコーダー

paonozaki.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 18日

秋の無料クリニック/マスタークラス開催のお知らせ

このセミナーは終了しました。次回は2020年秋頃に開催の予定です。
a0236250_03444435.jpg
10/26(金)13時〜18時、終了後は交流会を想定しています。
会場:千駄ヶ谷、木島アネックス「3F音楽室」
http://blog.livedoor.jp/ongacst/archives/51096152.html 

個人レッスン形式でなく、みんなで集まって互いに学びあえる、和やかで気軽な勉強会を東京で開催したいと思います。

・レベル不問
・受講料無料。
・会場費を参加者で割ってお支払いいただきます。

トピックも募集中です。日頃から疑問に思っていること、テクニックに関して、音楽のアプローチ、もっと具体的なこと、または大まかなこと、なんでも結構です。
クリニックのような形式でお一人お一人からの質問、問題定義、相談に対応する形で進行しようと思います。この機会に是非訊いてみたいこと、皆さんのたくさんの”?”を貯めてご持参ください!


お問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

野崎 arcangelo4989@yahoo.co.jp

a0236250_23071923.jpg
a0236250_03472909.jpg
講師プロフィール

野崎 剛右  リコーダー
のざきこうすけ

東京生まれ。長野県立小諸高校音楽科、東京藝術大学音楽学部でリコーダーと古楽演奏法を学ぶ。卒業後、演奏家・指導者としての活動の後、2014 年にオランダへ渡り、デン・ハーグ王立音楽院古楽科修士課程にて学ぶ。修士研究は、"A practical exploration of the historical fingerings of Baroque Recorders in England, France and Germany." のタイトルで修了。文化庁新進芸術家海外研修制度の派遣員として2016年よりフランス、パリ国立地方音楽院古楽科に在籍。主にリコーダー・コンソートで、オランダ・ユトレヒト、アムステルダム、デイフェンター、ベルギー・ブルージュ、フランス・パリ(ヴァンヴ)、サン・ル・ラ・フォレ、セルビア・ベオグラートなど各地の古楽音楽祭に出演するほか、オーケストラプロジェクトではヴェルサイユ宮殿のオペラ・ロワヤル、シャペル・ロワヤルでの公演などで演奏。これまでに、リコーダーを品川治夫、吉澤実、山岡重治、レーヌマリー・フェアハーヘン、セバスチャン・マルク、リコーダーとリコーダー・コンソート をダニエル・ブリュッヘンの各氏に師事。国内では、NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音の収録に協力する。リコーダーユニット「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「Block6」(オランダ)、「アンテロープ・リコーダー・コンソート」、「たて笛系男子」メンバー。



by koske-p-nozaki | 2018-10-18 09:35 | リコーダー レッスン | Comments(0)


<< Guido Klemisch ...      日本公演 2018 >>