人気ブログランキング |

野崎 剛右 Koske Nozaki, リコーダー

paonozaki.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 28日

Moeck Rottenburgh Alto in 442, Maple(最初期型)メック社 ロッテンブルグ アルト 442Hz 楓

SOLD!
売却されました。

Moeck, Rottenburgh Alto recorder a'= 442Hz, / メック社 ロッテンブルグ・モデル アルトリコーダー a'= 442Hz
Made of maple wood / 楓製

Price:
¥40,000-
a0236250_21152267.jpg
最大手のリコーダーメーカー、ドイツ・メック社の最重要モデル、”Rottenburgh”は、アメリカの製作家、F. Von Huene へ依頼し、ベルギーのブリュッセル楽器博物館所蔵のオリジナルを参考に設計され、当時には真新しかったヒストリカルモデルの量産品として大ヒットした製品です。今なお世界中で愛用されて続けている、ロングセラーとなっています。
 
製造番号が押されないことから製作年の特定ができませんが、この楽器はおそらくこのモデルの最初期のものと思われ、なんとストレートウィンドウェイなのが特徴です。これまでMoeckのRottenburghモデルは数多く見てきましたが、アルトでストレートのものは初めてで、さらに驚くべきところは、ヴォイシングはそれを効果的な方向でなされている点だと思います。短いラビウムが作る内向的な管体の鳴り方に対し、フレキシブルなストレートウェイのヴォイシングで見事にバランスをとっています。エッジ裏は古い製品にはおきまりの長いタイプで、これがまた現行のモデルとは対極のキャラクターを作り出します。

これによってパワーもそこそこありますが、どちらかというと音色重視の楽器だと思います。軽く吹け、柔らかい音で鳴りますが、吹き込むことに楽器が抵抗することもありません。現行のモデルとは全く違ったコンセプトで、吹いていると面白く、1960 年代から70 年代初頭の演奏スタイルを感じられる貴重な一本だと思います。

製作から年数が経ち、本来白い材木のメープルは淡く飴色に変わっています。木がとても安定していて、落ち着いた材が奏でるその吹奏感は、音楽作りを助けてくれるのではないでしょうか。

初めての木製アルトリコーダーをお探しの方にも非常に扱いやすい楽器です。

a0236250_21163413.jpg

お気軽にお問い合わせください。


ContactPao音楽事務局
Koskè 野崎,
Email arcangelo4989@yahoo.co.jp
(English, 日本語)




by koske-p-nozaki | 2019-07-28 22:34 | リコーダー販売 | Comments(0)


<< Hans Coolsma, A...      リコーダー、チェンバロと通奏低... >>