人気ブログランキング |

野崎 剛右 Koske Nozaki, リコーダー

paonozaki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Concerts( 20 )


2019年 09月 15日

2019 日本公演『ちょっと、訛ってません?』異邦人のフランス音楽


ご予約受付中!
a0236250_09162659.jpg
a0236250_09184074.jpg

2019日本公演

野崎剛右&上羽剛史

ちょっと、訛ってません?

異邦人のフランス音楽


お洒落な街・パリに憧れる気持ちは今も昔も同じ。
バロック時代、最先端のフランス音楽をお手本に学んだ音楽家たちがいました。
イギリス・ドイツ・イタリア、外国の作曲家たちの試行錯誤を、18 世紀のパリジャン/ パリジェンヌになったつもりでお楽しみください。



Programme


シャルパンティエ:「テ・デウム」より プレリュード ※ 1
Marc-Antoine Charpentier: Prelude de “Te Deum” H.146 (1690s)

ビンガム:組曲 ※ 3
George Bingham: Suite (1702)
Overture – Boree – Minuett – Jigg – A Ground

H.パーセル:「聖セシリアの日のための頌歌」より「音楽の神と愛の神は」 ※ 7
Henry Purcell: "Here the Deities Approve" de “Ode for St. Cecilia's Day” Z 339 (1683)

ペイジブル:ソナタ 第7番 ※ 3
James Paisible: Sonata VII (1700)
Grave – Vivace – Presto – Adagio – Allegro

テレマン:フランス風シンフォニア ※ 2
Georg Philipp Telemann: Sinfonie à la francoise TVW 41:h2 (1728)
Tendrement – Gayment – Gravement – Vite

D.パーセル:ソナタ 第2番 ※ 4
Daniel Purcell: Sonata no.2 (1698)
(Sans titre) – Vivace – Largo – Allegro

フィンガー:ソナタ 第10番「チャコーナ」 ※ 4
Gottfried Finger: Sonata X “Ciacona” Op. 3-5 (1701)


== Intermission ==


J.S.バッハ:「フーガの技法より」 コントラプンクトゥス 第6番 「フランス様式による」 ※ 7
Johann Sebastian Bach: Contrapunctus 6 BWV 1080/6 (1751)

テレマン:ファンタジア 第7番 ※ 5
Georg Philipp Telemann: Fantasia VII TVW 40:8 (1732/33)
Alla Francese – Presto


モンツァ:「アルマンド」「目覚まし時計」「ガヴォットと変奏」 ※ 1
Carlo Monza: Allemande, Le Reueille-matin, Gavotte et doubles (1730s)


ベーム:フランス風序曲 ※ 2, 6, 1
Georg Böhm: Ouverture (1700s)
(Ouverture) – Air – Rigaudon – Rondeau – Menuet – Chaconne




※ 使用楽器
1. フレンチ・フラジォレット: Henri Gohin 製作
2. 6度フルート:Thomas Stanesby Jr. のコピー 中川 隆 製作
3. アルト:Peter (Pierre) Bressan のコピー 木下 邦人 製作
4. アルト:Thomas Stanesby Sr. のコピー 木下 邦人 製作
5. アルト:Jacob Denner のコピー 木下 邦人 製作
6. ヴォイスフルート:Thomas Stanesby Sr. に基づくモデル 石舘 知子 製作
7. バス:Hotteterre に基づくモデル Henri Gohin 製作


※曲目は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


野崎剛右 リコーダー/フレンチ・フラジォレット 

上羽剛史 ハープシコード 



-----------------------------------
名古屋公演 
この公演は終了しました
9月8日(日)
昼公演 13:30開場・14:00開演 完売
夜公演 18:00開場・18:30開演 完売
会場:アート空間SCALA
   愛知県名古屋市中区大須3-40-32 ループビル3F, Tel: 052-261-6497

入場料:前売2500円、当日3000円
ご予約・お問い合わせ:上羽 agehatch@gmail.com Tel. 052-951-7875
a0236250_20251779.jpg

ーーーーーーーーーーー
大阪公演
この公演は終了しました
9月14日(土)
16:30開場・17:00時開演 販売終了
会場:ノワ・アコルデ音楽アートサロン 
   大阪府豊中市服部本町2-5-24, Tel: 06-6862-8855
   ※駐車は近隣のパーキングへお願いいたします。自転車は駐輪場がございます。

入場料:55席限定 3,500円
ご予約:PAO 音楽事務局 arcangelo4989@yahoo.co.jp
    お名前、ご連絡先、ご来場人数をメールにてお知らせください。
a0236250_22131503.jpg


ーーーーーーーーーーー
東京公演

09月19日(木)
18:30開場・19:00 開演 販売中
会場:sonorium(永福町)
東京都杉並区和泉3-53-16 Tel. 03-6768-3000

入場料 3,500円 (当日4,000円)
ご予約:PAO 音楽事務局 arcangelo4989@yahoo.co.jp
    お名前、ご連絡先、ご来場人数をメールにてお知らせください。
a0236250_20164735.jpg





-演奏家紹介-


a0236250_06572413.jpg
野崎 剛右  リコーダー/ フレンチ・フラジォレット
Kôske Nozaki, Flûte à béc / Flageolet

東京都出身。東京藝術大学音楽学部でリコーダーと古楽演奏法を学ぶ。デン・ハーグ王立音楽院古楽科修士課程にて、バロックリコーダーにおける歴史的運指に関する修士研究を行い修了。文化庁新進芸術家海外研修制度の支援を受け、2016年よりフランスで学び、パリ国立地方音楽院古楽科にて満場一致で演奏家ディプロムを取得。2019年からパリ・ソルボンヌ大学で古楽演奏解釈修士課程で学ぶ。主にリコーダー・コンソートで、ブルージュ、ユトレヒト、ヴァンヴ (パリ)、セルビア・ベオグラートなど各地の古楽音楽祭に出演するほか、オーケストラではヴェルサイユ宮殿内のオペラ・ロワヤル、シャペル・ロワヤルでの公演に参加。リコーダーをセバスティアン・マルク、ライネマリー・フェアハーヘン、吉澤実、山岡重治、品川治夫、リコーダーとリコーダー・コンソート をダニエル・ブリュッヘンの各氏に師事。国内では、NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音の収録に協力する。吉澤実氏のアンサンブル「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「Block6」(オランダ)、「L’oyseau-Mouche」(フランス)、「アンテロープ・リコーダー・コンソート」(日本)、メンバー。ヴェルサイユ在住。


a0236250_22152313.jpg
上羽剛史 ハープシコード
Tsuyoshi Uwaha, Clavecin


名古屋市出身。愛知県立明和高校音楽科、桐朋学園大学を経て、アムステルダム音楽院古楽科を卒業。現在はミラノ市立音楽院に在籍。勉学のかたわら、奨学生として音楽院の公式伴奏員をつとめる。 これまでにチェンバロとクラヴィコードを渡邊順生、メンノ・ファン・デルフト、マウリツィオ・クローチ、オルガンと室内楽をロレンツォ・ギエルミ、通奏低音をクリス・フェルヘルストの各氏に師事。 最近ではLa Divina Armoniaのツアーに通奏低音奏者として参加したほか、ミラノの音楽祭「Arte Musica Milano」においてJ.S.バッハ「インヴェンションとシンフォニア」のソロリサイタルを行い、好評を博している。また、古典鍵盤楽器での4手連弾にも力を入れており、ヨーロッパ・日本双方でのリサイタルを経験している。 第1回ミラノ国際チェンバロコンクール入選。第4回「プレミオ・セリーファ」国際室内楽コンクール・通奏低音奏者賞。 今夏に完全帰国し、日本での演奏活動を本格的に再開する。




by koske-p-nozaki | 2019-09-15 02:49 | Concerts | Comments(0)
2019年 09月 13日

国内公演情報 2019 年

8/24 sat (東京)東京リコーダー音楽祭 夜の部 東京文化会館小ホール(上野)

8/25 sun (東京)バロックの木管楽器、リコーダーってなに?(個人企画、非公開)東京都内

8/31 sat (東京)リコーダー、通奏低音、室内楽の気軽なセミナー 木島アネックス3F音楽室(千駄ヶ谷)完売

9/1 sun (名古屋)古楽器ワークショップ@名古屋・大須 アート空間SCALA 残り2枠

9/8 sun (名古屋)ちょっと訛ってません?異邦人のフランス音楽 アート空間SCALA 昼の部完売 夜の部残席あり

9/14 sat (大阪)ちょっと訛ってません?異邦人のフランス音楽 ノワ・アコルデ音楽アートサロン

9/19 thu (東京)ちょっと訛ってません?異邦人のフランス音楽 sonorium(永福町)




次回帰国:未定


Contact/ お問い合わせ
Kôske Nozaki/ 野崎 剛右
Email arcangelo4989@yahoo.co.jp
(English, 日本語)





by koske-p-nozaki | 2019-09-13 09:42 | Concerts | Comments(1)
2019年 04月 21日

無料レクチャーコンサートのご案内

本公演は終了しました。

無料レクチャーコンサート

『リコーダー/フラジオレットとチェンバロ』



a0236250_09523726.jpg


2019年 4/24(水)19時〜

バロック時代の笛、リコーダー、フラジオレットと、鍵盤楽器、チェンバロ。
楽器とその歴史、音楽ついての解説と実演を行います。

解説を交えたデモンストレーション30 分と、ミニコンサート30 分の、二本立て。

紹介する管楽器::リコーダー、フレジョレット、コルネット、バロックフルート
紹介する鍵盤楽器:チェンバロ、ヴァージナル、クラヴィコード、バイプオルガン 


a0236250_10481829.jpg



2019年 4/24(水)19時から1時間程度
終演後は交流会を予定しています。

会場:〒192-0914八王子市片倉町888-44 
山野辺暁彦氏宅
tel 042 635 3784
email: rpbjk640@ybb.ne.jp
ホームページ https://virginalclavichord.jimdo.com
YOUTUBE channel ; "Una Passeggiata d'Organo"


入場料:無料 ご予約は不要です。小学生〜どなたでもご来場いただけます。
(未就学のお子様のご来場は申し訳ありませんが、ご遠慮ください。)



演奏家プロフィール



a0236250_06572413.jpg


野崎 剛右 リコーダー/フラジオレット
のざきこうすけ

1988年東京生まれ。東京藝術大学でリコーダーと古楽演奏法を学ぶ。卒業後、演奏家・指導者としての活動の後、2014 年にオランダへ渡り、デン・ハーグ王立音楽院古楽科修士課程にてバロック後期のリコーダー運指についての研究を行い修了。2016年より文化庁新進芸術家海外研修制度の派遣員としてフランス、パリ及びヴェルサイユ国立地方音楽院古楽科にて学ぶ。主にリコーダー・コンソートで、オランダ、ベルギー、フランス、セルビアなど各地の古楽音楽祭に出演する。これまでに、リコーダーを品川治夫、吉澤実、山岡重治、レーヌマリー・フェアハーヘン、セバスチャン・マルク、リコーダーとリコーダー・コンソート をダニエル・ブリュッヘンの各氏に師事。国内では、NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音の収録に協力する。吉澤実氏のアンサンブル「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「Block6」(オランダ)、「コンソート・デ・マスク」(フランス)、「アンテロープ・リコーダー・コンソート」(日本)、メンバー。


a0236250_05121304.jpg

新妻由加 チェンバロ
にいつまゆか

1986年東京都出身。東京藝術大学オルガン科卒業、卒業時アカンサス音楽賞受賞、日本オルガニスト協会新人演奏会出演。同大学院修士課程を修了後、2013年よりスイスのバーゼル市立音楽院古楽科スコラ・カントルムに在籍。ロレンツォ・ギエルミ、ヴォルフガング・ツェラー両氏のもとオルガンの歴史的奏法を学び、2017年にオルガン、通奏低音共に最優秀成績をおさめ修了。同市の若手音楽家奨励の為のハンス・バルマー賞をオルガン部門で2015年と2017年に受賞した。また在学中はスイス・ソロトゥルン州ライメンタールのカトリック教区にてオルガニストを務めた。



お問い合わせ

ご予約は不要ですが、ご質問等ございましたら下記までお気軽にごお問い合わせください。

野崎 arcangelo4989@yahoo.co.jp



by koske-p-nozaki | 2019-04-21 01:28 | Concerts | Comments(0)
2019年 01月 26日

Concert "Les sept vallées" de Madeleine Isaksson

a0236250_00003872.jpg

Concert "Les sept vallées" par la compositrice Madeleine Isaksson
Le mardi 19 février 2019 de 19h00 à 20h30
Entrée libre dans la limite des places disponibles

En février, les élèves du Département de Musique Ancienne du Conservatoire à rayonnement régional de Paris vous proposeront un concert inspiré de "La conférence des oiseaux" du poète persan Farid Ud- Din Attar (vers 1120-1220).

Au programme : "Les sept vallées" (2006)
Une pièce solo en sept parties pour flûte à bec (soprano, alto, sopranino et ténor) avec Camille Aubry, Mathieu Dupont, Kôske Nozaki, Lena Franchini, élèves de Sébastien Marq, du conservatoire à rayonnement régional de Paris.




by koske-p-nozaki | 2019-01-26 00:02 | Concerts | Comments(0)
2018年 10月 17日

日本公演 2018

全公演終了しました。
a0236250_21132009.jpg



野崎剛右 & 上羽剛史

”La Favorite”

フレンチとイタリアン・バロックのお気に入りを集めて...




プログラム

G.G.ボーニ:ソナタ 1番
Giuseppe Gaetano Boni : Sonata 1 Op.2 (1730?, Roma)
***
A.コレッリ:ソナタ
Arcangelo Corelli (1653-1713) : Sonata anh 34 (late 17c, Italy)
***
M.ロッシ:トッカータ 7 番
Michelangelo Rossi : Toccata 7 (1657, Roma)
***
N.シェドヴィユ:ソナタ 6 番
Nicolas Chédeville : Sonata Op.13-6 (1737, Paris)
***
P.B.ベリンツァーニ:ソナタ 12 番
Paolo Benedetto Bellinzani : Sonata Op.3-12 (1720, Venezia)

Pause - 休憩

J.-P.フレヨンポンサン:パッサカイユ
Jean-Pierre Freillon-Poncein : Passacaille (1700, Paris)
***
J.ペジブル:ソナタ 5 番より グラーヴェ、ソナタ 4 番
Jacques (James) Paisible : Grave from Sonata 5,
Sonata 4 (after 1693?, London)
***
J-B.D. ドゥ・ブセ: 《甘きうぐいすよ、夜明け前に何故?》
Jean-Baptiste Drouard de Bousset :
« Pourquoy doux Rossignols dans ce sombre séjour » (1698, Paris)
***
M.マレ:マレ風ソナタ
Marin Marais : Sonate à la Maresienne (1723, Paris)
***
J.-B.リュリ:オペラ『アルミード』より パッサカイユ
Jean-Baptiste Lully (Giovanni Battista Lulli) :
Passacaille d’Armide (1686, Paris)




東京公演
この公演は終了しました。
10/17(水) 19:00 開演(18:30 開場)
東京オペラシティ 近江楽堂
東京都新宿区 西新宿3-20-2 東京オペラシティ3F (03-5353-6937)
入場料 3,500円 (当日4,000円)、学生2,000円(当日2,500円)
ご予約 PAO 音楽事務局 (野崎) arcangelo4989@yahoo.co.jp
メールにてお名前、ご連絡先、ご来場人数をお知らせください。


小諸公演
この公演は終了しました。
10/13(土)15:00開演(14:30 開場)
望嶽荘
長野県小諸市菱平595-13
入場料 3,000円
主催 みすずかる樂人協会(Misuzucal Association of Music Lovers)
ご予約・お問い合わせ 寺嶋 090-9103-8817, hotteterre@samba.ocn.ne.jp


名古屋公演
この公演は終了しました
10/20(土)13:30 開演(13:00 開場)
文化のみち 百花百草
愛知県名古屋市東区白壁4-91(052-931-1036)
入場料 3,000円(当日 3,500円)
ご予約・お問い合わせ 上羽 052-951-7875, agehatch@gmail.com ‭‬


a0236250_21163788.jpg





by koske-p-nozaki | 2018-10-17 02:14 | Concerts | Comments(0)
2017年 08月 30日

Folie

この公演は終了しました。
a0236250_21103579.jpg


by koske-p-nozaki | 2017-08-30 07:56 | Concerts | Comments(0)
2017年 08月 03日

Concert pour la saison Voltaire 2018, Olivier Garde

a0236250_22464561.jpg


by koske-p-nozaki | 2017-08-03 22:49 | Concerts | Comments(0)
2016年 05月 27日

日本公演 2016

この公演は終了しました。
a0236250_18525489.jpg

クラヴサンのもとで...
~フランスバロックとバッハの宴~



2016年 6月22日(wed)19:00開演 (18:30開場)



フランスからクラヴサンの名手がやってきます!

ヴィオルとリコーダーの音色を香りづけに、

一晩限りのすこし贅沢な音楽会です。



出演:

オリヴィエ・ギャルド / クラヴサン
野崎 剛右 / フルート・ア・ベック
品川 聖 / バス・ド・ヴィオール


(楽器提供:伊藤ハープシコード工房)


プログラム:

J.S.バッハ:フルートと通奏低音のためのソナタ BWV 1034
F.クープラン:『王宮のコンセール集』より 第1コンセール
J.Ph.ラモー:『クラヴサン曲とコンセール集』より 第3コンセール
A.フォルクレ:シャコンヌ "モランジス、あるいはプリッセ"
ほか
* 曲目は都合により変更になる場合があります。



会場:
hall60(ホールソワサント)
東京メトロ 明治神宮前(原宿)駅 7番出口より徒歩1分
東京都渋谷区神宮前6-34-14 原宿表参道ビル B2F


入場料:
全席自由 3,500円 (当日4,000円)


問い合わせ・予約 :
Pao 音楽事務局
Email arcangelo4989@yahoo.co.jp
または アントレ編集部、Tel. 042-378-7603

上記連絡先へ、お名前、ご連絡先、ご希望の人数をお知らせください。

by koske-p-nozaki | 2016-05-27 11:05 | Concerts | Comments(0)
2016年 01月 12日

2月20日(土) Scherzando

この公演は終了致しました
Sold Out! チケット完売しました

a0236250_21102168.jpg

Scherzando
中村栄宏 & 野崎剛右
デュオ・コンサート



2016/2/20(Sat)
開場15:10
開演15:30



プログラム:
J.ヴァン・エイク:麗しのアマリッリ
廣瀬量平:Illusion of the Crescent
オード (頌詩)Ⅰ
M.ペトリ:「マッズ・ドス」による変奏曲
F.カルディー二:プレリューディオ op.115/B
中西覚:村の休日
ほか
(曲目は予告なく変更することがあります)


会場: hall60(ホールソワサント)
東京メトロ 明治神宮前(原宿)駅 7番出口より徒歩1分
東京都渋谷区神宮前6-34-14 原宿表参道ビル B2F


出演:

中村栄宏 なかむらひでひろ 
三重県桑名市出身。東京理科大学大学院工学研究科電気工学専攻修了。 第30回全日本リコーダーコンテストにおいて、独奏・重奏部門ともに花村賞(最高位)を受賞。同コンテストより、指導者賞を受賞。ヤマハ音楽振興会「2015年度音楽活動支援」において、将来活躍が期待できる若手音楽家として選出され、ヤマハホールでのリサイタルを行う。その演奏は「プロフェッショナルな技を披露、ホールを天空山河の空間に変えてくれた」(音楽現代)など、専門誌上で高く評価される。J・ターナーやJ・シュバルツァーなど、現代を代表するリコーダー奏者から激賞されるほか、F・カルディーニなど、多くの作曲家から作品を献呈されている。 これまでにリコーダーを日置美知代、宇治川朝政、辺保陽一、吉澤実の各氏に師事。リコーダー四重奏団「たて笛系男子」、リコーダー・ピアノのトリオ「NYH」、リコーダー・鍵盤ハーモニカ・ピアノの「おんがくしつトリオ」のメンバー。
http://hidehiro-recorder.wix.com/hidehiro-recorder  

野崎剛右 のざきこうすけ
東京藝術大学音楽学部卒業。現在オランダ、デン・ハーグ王立音楽院修士課程に在籍し、「18世紀リコーダーの歴史的運指」の研究を行う。オランダ、スイス、フランス、韓国、そして日本の演奏家によるリコーダー・コンソート「Block6 The Hague」のメンバー。ユトレヒト古楽音楽祭、デイフェンター古楽音楽祭、セルビア共和国で行われたベオグラート古楽音楽祭に出演するなど、オランダ国内外で公演活動を行っている。 リコーダーユニット「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「アンテロープ・リコーダー・コンソート」、「たてぶえ系男子」、ローラン・テシュネ氏主宰の古楽器と邦楽器のコラボレーショ ン「アンサンブル室町」メンバー。NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音のほか、テレビアニメ等音楽の収録に協力する。ギタルラ社東京古典楽器センター, 東京リコーダー協会講師。
http://paonozaki.exblog.jp/



チケット料金:
全席自由 
前売り2500円
当日3000円


お問い合わせ、チケットのお申し込み:
mail hidehiro-recorder@hotmail.co.jp
TEL 080-3661-5829
中村栄宏
(上記連絡先へ、お名前、ご連絡先、必要枚数をお知らせください。追って連絡させていただきます)


by koske-p-nozaki | 2016-01-12 19:57 | Concerts | Comments(0)
2014年 03月 11日

3/21(金)ライナマリー・フェルハーヘン来日記念コンサート

この公演は終了いたしました。
SOLD OUT!
a0236250_1844492.jpg
a0236250_18443829.jpg

ライナマリー・フェルハーヘン来日記念コンサート 
Holland meets Japan
~ J.S.バッハに捧ぐ ~


アムステルダム・バロック・オーケストラのリコーダー奏者として、数多くの公演とレコーディングを行い、30年以上に渡りオランダの音楽院で教鞭をとってきた、ライナマリー・フェルハーヘン氏が来日します。
 バッハの誕生日、古今東西を織り交ぜた多彩な音楽とともに、ささやかなお祝いの宴がはじまります。


2014年 3月21日(金・祝) 15:00開演 (14:30開場)
会場:Terratoria(テラトリア)
品川区東品川2-6-10 寺田倉庫株式会社本社ビル2F 
東京モノレール、りんかい線「天王洲アイル」駅より徒歩3分

出演:
ライナマリー・フェルハーヘン(オランダ ハーグ王立音楽院リコーダー科主任教授)、
吉澤実、川端りさ、野崎剛右/リコーダー

プログラム:
J.S.バッハ《フーガの技法》より、G.Ph.テレマン《二重奏 変ロ長調》、G.ヤンセン《ラルゴ》、廣瀬量平《Illusion of the Crescent》、《Dance of the Wildpig》(世界初演)、 他

チケット完売¥4,500 学生¥3,000
※当日券は発行されません。

ご予約・お問い合わせパオの音楽事務局
TEL.090-9669-6446(野崎)
Email arcangelo4989@yahoo.co.jp
(上記連絡先へ、お名前と連絡先、御希望の人数をお知らせください。追ってご連絡させていただきます。)
---------------------------------------------------------------------------

リコーダー教授法セミナー
オランダにおける導入指導法に学ぶ
 
受講者募集中
講師:ライナマリー・フェルハーヘン

オランダ、デン・ハーグ王立音楽院にてリコーダー教授法と方法論を教えるフェルハーヘン教授によるセミナー。オランダの小学校における導入指導はどのように進化しているのか、最前線の情報に触れることができる貴重な機会です。小学生に限らず、中高大学生、また大人向けに指導されている方にも、応用できるアイデアを数多くお持ち帰りいただけることでしょう。

2014年 3月22日 (土) 14:00~15:30
開催場所:宮地楽器MUSIC JOYお茶の水 7Aスタジオ
千代田区神田駿河台1-2-5 駿河台ビル7F
JR「御茶ノ水」・千代田線「新御茶ノ水」・新宿線「小川町」駅より徒歩5分、丸ノ内線「お茶の水」駅より徒歩7分

対象:リコーダーを教授するすべての方、リコーダーのプロ奏者・音大専門生、他

受講料:¥3,000(定員25名)


フランス・バロックの装飾法セミナー
J.オトテール著《プレリュードの技法》から読み解く
 
受講生・聴講生募集中
講師:ライナマリー・フェルハーヘン

J.オトテールは即興的な前奏曲の作り方をその著書《L'Art de préluder》(プレリュードの技法) (1719年出版)に書き残しました。和訳されていない本書からフランス・バロック・スタイルのプレリュードの作り方を読み解いていきます。(事前に課題が出されます。)

2014年 3月22日 (土) 16:00~17:30
開催場所:宮地楽器MUSIC JOYお茶の水 7Aスタジオ

対象:リコーダー、トラヴェルソ、またはバロック・オーボエのプロ奏者または音大専門生
使用ピッチ a'=415

受講料:¥3,000(定員10名)
聴講料:¥3,000(定員10名)

------------------------------------------------

ライナマリー・フェルハーヘン マスタークラス 
満員・募集締め切り

古楽のメッカとも言えるオランダで長年演奏家として活躍してきたフェルハーヘン教授によるアドバイスは、テクニック、解釈、表現等あらゆる面で、受講生お一人お一人の演奏の豊かな糧となることでしょう。本場の指導に触れることでしか得られないインスピレーションを、是非この機会にご体感ください。

2014年 3月 23日 (日) 10:00~13:00, 14:00~17:00
会場:宮地楽器MUSIC JOYお茶の水 7Aスタジオ

受講生:プロ、音大専門生、アマチュア奏者
レパートリー: ルネッサンス、バロック、現代の楽曲。
※レッスンは英語にて行われますが、通訳がつきます。

聴講料(終日):¥3000(定員20名)



ご予約・お問い合わせパオの音楽事務局
TEL.090-9669-6446(野崎)
Email arcangelo4989@yahoo.co.jp
(上記連絡先へ、お名前と連絡先、御希望の人数をお知らせください。追ってご連絡させていただきます。)

by koske-p-nozaki | 2014-03-11 03:07 | Concerts | Comments(0)