人気ブログランキング |

野崎 剛右 Koske Nozaki, リコーダー

paonozaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 21日

12/21 プラネタリウムでクリスマスコンサート

本公演は終了致しました。
a0236250_211792.jpg

@杉並区立科学館(荻窪、下井草) 
会場への地図はこちら


入場無料 先着120名
※要整理券(当日17:30より1階受付で配布します。)



冬の星空のもと、あたたかな息は、木のぬくもりの音色へと生まれ変わります。
バロックの名曲で贈る、一晩だけのクリスマスプレゼントをあなたに。
静かな夜、リコーダーの演奏をゆっくりとお愉しみください。



<プログラム>

●グノー/J.S.バッハ:≪アヴェ・マリア≫
-ひいらぎ飾ろう-
●ドビュッシー:≪小さな羊飼い≫
●作曲者不祥:≪グリーンスリーヴス変奏曲≫
-荒野の果てに-
●コレッリ:「クリスマス協奏曲」Op.6-8より ≪パストラーレ≫
●マルチェッロ:協奏曲ニ短調 Op.1より ≪アンダンテ≫,≪アダージョ≫
●J.S.バッハ:組曲 BWV 1007 より ≪プレリュード≫
●J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番 BWV 1068よ≪エア≫

=休憩=

-牧人羊を-
●J.ターナー:≪パストラ-レ≫
●ラフマニノフ:≪ヴォカリーズ≫
●B.フンメル:≪パストレッラ≫
-聖しこの夜-
●G.ガストルディ:「汝のうちに喜びあり」
●クリスマス・メドレー



<出演者>

野崎 剛右(リコーダー)
Koske Paolo NOZAKI

杉並区に生まれる。長野県立小諸高校音楽科リコーダー専攻を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科古楽・リコーダー専攻卒業。卒業時、同声会新人賞を受賞。国立音楽大学付属高校第2回招待演奏会、平成18年度 長野県新人演奏会、平成22年度 東京藝術大学同声会新人演奏会などに出演。中学時より全日本リコーダーコンテストに出場し4年連続で金賞を受賞。第27回同コンテスト独奏部門、花村賞 (最優秀特別賞)。第10回KOBE国際学生音楽コンクール管楽器部門、優秀賞(第2位)。これまでに、リコーダーを品川治夫、吉澤実、山岡重治の各氏に 師事するほか、花岡和生氏、セバスチャン・マルク氏の指導から影響を受ける。吉澤実のリコーダーユニット「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「アンテロープ・リコーダー・コンソート」、「たてぶえ系男子」、古楽器と邦楽器のコラボレー ション「アンサンブル室町」メンバー。NHK、新学社などの学校教材の録音に協力するほか、パオの音楽事務局を主宰、活発に演奏活動を行っている。
NHK 文化センター, 東京リコーダー協会講師。


田宮 亮 (キーボード)
Ryo TAMIYA

京都大学法学部卒業。在学中にオルガンを始める。これまでオルガンを木田みな子、大塚直哉、廣江理枝、通奏低音を大塚直哉、椎名雄一郎、チェンバロを廣澤 麻美の各氏に師事。現在東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻に在籍し、オルガニストとしての研鑽を積む。旧東京音楽学校奏楽堂(2013年3月閉館)日曜コンサートに定期的に出演する他、東京藝術大学バッハカンタータクラブ、ローラン・テシュネ氏主宰のアンサンブル室町の一員としても活動。声楽・器楽と の共演も多く、ソリストとして、またアンサンブル・通奏低音奏者としての演奏活動を重ねる。また、海外のマスタークラス等にも積極的に参加。オルガン研究 会会員。京都丸太町教会オルガニスト。

by koske-p-nozaki | 2013-11-21 23:40 | リコーダーに関する話題 | Comments(0)
2013年 11月 20日

11/20(水)トリオの饗宴~ドイツ・バロックの大作曲家たち~

本公演は終了いたしました。
a0236250_2335316.jpg

a0236250_2341346.jpg

@Terratoria(天王洲アイル) 
会場への地図はこちら


ご予約・お問い合わせパオの音楽事務局
TEL.090-9669-6446(野崎)
Email arcangelo4989@yahoo.co.jp
(上記連絡先へ、お名前と連絡先、御希望の人数をお知らせください。追ってご連絡させていただきます。)


リコーダー、ヴァイオリンとチェンバロによる
トリオの饗宴
~ドイツ・バロックの大作曲家たち~

2013年11月20日(水) 18時30分開場  19時00分開演

ドイツバロック4大作曲家の作品を集めました。
巨匠たちは、この3つの楽器のために、どんな作品を残したのでしょう。
秋の夜長、じっくりと古楽器の響きをお愉しみいただければ幸いです。
                                野崎剛右



<プログラム>

G.Ph.テレマン:トリオソナタ イ短調 TWV 42:a1,
リコーダーとヴァイオリンのためのデュオ 変ロ長調TWV 40:III
G.F.ヘンデル:トリオソナタ へ長調389,ハ短調 386a
Ch.グラウプナー:トリオソナタ ロ短調 GWV 219
J.S.バッハ:カプリッチョ変ロ長調 BWV 992
ほか


<出演者>

野崎剛右 Koske NOZAKI/リコーダー
東京藝術大学音楽学部器楽科古楽・リコーダー専攻卒業。卒業時、同声会新人賞を受賞。中学時より全日本リコーダーコンテストに出場し4年連続で金賞を受賞。第27回同コンテスト独奏部門、花村賞 (最優秀特別賞)。第10回KOBE国際学生音楽コンクール管楽器部門、優秀賞(第2位)。これまでに、リコーダーを品川治夫、吉澤実、山岡重治の各氏に師事。吉澤実のリコーダーユニット「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「アンテロープ・リコーダー・コンソート」、「たてぶえ系男子」、古楽器と邦楽器のコラボレーション「アンサンブル室町」メンバー。NHK、新学社などの学校教材の録音に協力するほか、パオの音楽事務局を主宰、活発に演奏活動を行っている。NHK 文化センター、東京リコーダー協会講師。 ホームページ:http://paonozaki.exblog.jp/


池田 梨枝子 Rieko IKEDA/バロック・ヴァイオリン
千葉県出身。東京音楽大学、及び同大学大学院音楽研究科修了。
大阪国際音楽コンクール第2位、日本クラシック音楽コンクール、まちだアンサンブルコンクール、日本アンサンブルコンクール等に入賞。江戸川区新人演奏会、市川市文化会館新人演奏会(現在・新人演奏家コンクール)で最優秀賞を受賞。オーケストラとの共演や、東京オペラシティ、近江楽堂など、各地での様々なコンサートに出演。洗足学園大学演奏要員を務めた他、ソロ、室内楽、オーケストラで活動中。講談社月刊マガジンで連載中の「四月は君の嘘」の演奏モデルを担当している。ヴァイオリンを浦川宜也、山岡耕筰、中嶋郁子、植田しづか、バロックヴァイオリンを桐山建志、室内楽を浦川宜也、東彩子、勝田聡一の各氏に師事。


宮崎賀乃子 Kanoko MIYAZAKI/チェンバロ
東京藝術大学音楽学部器楽科古楽チェンバロ専攻卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会新人賞を併せて受賞。2008年よりケルン音楽大学に進学し、2011年同大学大学院チェンバロ科を卒業。渡欧後バロックアンサンブル“LinGon”を結成し、ヨーロッパ各地でコンサート活動を行う。平成22年度文化庁新進芸術家海外派遣員。2011年秋から拠点を日本に移しソリスト・通奏低音奏者として演奏活動の幅をさらに広げる。これまでにチェンバロを辰巳美納子、鈴木雅明、シェティル・ハウグサンの各氏に師事。通奏低音を大塚直哉氏に、室内楽をコンラート・ユングヘーネル氏に師事。日本チェンバロ協会会員。現在、東京藝術大学音楽学部古楽科教育研究助手。ホームページ:kanokomiyazaki.com



入場料:
3500円(当日 4,000円, 学生 2,000円)


ご予約・お問い合わせパオの音楽事務局
TEL.090-9669-6446(野崎)
Email arcangelo4989@yahoo.co.jp
(上記連絡先へ、お名前と連絡先、御希望の人数をお知らせください。追ってご連絡させていただきます。)

by koske-p-nozaki | 2013-11-20 02:26 | Concerts | Comments(0)