人気ブログランキング |

野崎 剛右 Koske Nozaki, リコーダー

paonozaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 26日

シックハルトの運指表における異名異音運指

17世紀末から18世紀、イギリス、フランス、オランダ、ドイツ、イタリア、スペインなど各地で数多く出版されたリコーダーのための教本から、運指表の比較、研究を行っています。

今回は、アムステルダムで1720年にJ.Ch.Schickhaldt(シックハルト)によって出版された、"Principes de la flute"(リコーダーの原理)から、興味深い運指を紹介したいと思います。


a0236250_2233116.jpg

シックハルトのg#2を、初めて見たとき、こんな運指は他に例がなく、正直間違えだと思いました。
しかし、後にStanesby Jrが、"Anew system of the Flute a'bec, or Comon English Flute"(1732, London, リコーダーの新体系)のなかで、テナーリコーダー用の異名異音の運指表中、
d#2に234567、e♭2に123456の運指を示しているのと同様に、
この音を異名異音で演奏する場合に、通常運指123456よりも低い音程を得る運指としてシックハルトはg#2に0h23456を採用したのではないかと考るようになりました。
a0236250_22335683.jpg

実際、0h23456はサミングを伴い、234567よりもフレキシブルで、同じ程度ピッチを下げることもできるし、それよりも高く取ることも出来るので、これは実用的な運指です。
この運指表に関して、J.Hotteterre:Principes de la Flute~(1707)の写し間違いでは、という考えが一般的なようですが、上記の理由から、単なる写し間違いとしては解決しにくい、というのが私の考えです。

実際に私が所有するいくつかのコピー楽器で試してみると、
Bressan、Stanesby Sr、この2つのロンドンの楽器では、123456は音程がもともと既に充分低いので、この運指は無効です。
しかし、以前Bizey(パリ)をお借りしていたときですが、
その楽器では、123456は逆に高い傾向にあるので、シックハルトの運指も時々使っていました。

このような実例からも、Bizey 以外の製作家でも当時のオランダの楽器に同様の傾向のものが少なくとも存在した可能性があります。


野崎剛右


※検証にしようした楽器は、木下邦人氏製作、すべてオトテール運指(6番サポートを伴う)です。

by koske-p-nozaki | 2015-05-26 22:35 | リコーダーに関する話題 | Comments(0)
2015年 05月 10日

指の関節とリコーダーの運指について

ある生徒さんから、ご質問をいただいたのですが、
興味深い内容でしたので、シェアさせていただきます。


ご質問:

こんにちは。
ちょっとどうしても質問したい事があるのですが、

リコーダーのフィンガリングの際、
PIP関節(俗に言う第二関節)か、
MP関節(指の付け根の関節)か、
どちらの動きを意識した方が良いですか?

演奏仲間のAさんはPIP関節、私はMP関節に意識を置いている事が判明しました。

おそらく、Aさんはフルートのキーの押さえ方、私はユーフォニアムのピストンの動きのクセがあるため、この様な相違があるものと思われます。

野崎先生のご意見としては、やはりPIP関節でしょうか?



返答:

ご質問ありがとうございます。
”PIP関節”、”MP関節”という医学用語での関節の呼称を私は今まで知りませんでした!
どちらの関節を意識して動かしたからといって、指を上げる動作、指を音孔に下ろす動作そのものは、必ずしも見て分かるほど変わるわけではありませんが、もしどちらかを意識して動かすのなら、という前提でお答えします。

私個人の意見としては、通常の奏法(単純に指の上げ下げの運動)の場合には、MP関節からの動きを意識したほうが良いと思います。瞬発的な動きにはそのほうが適しているからです。
例えば、バッグパイプ奏者や、アイルランドの伝統音楽のフルートやホイッスル奏者は、楽器自体が細いこともあると思いますが、同時に、その伝統的な装飾法のために活発な運指を求められるので、彼らは中節骨(画像で青の部分)の場所で音孔を塞ぎ、比較的指を高く上げて演奏します。つまり、彼らの場合基本的にMP間接からの運動なのでしょうね。(※ホイッスル奏者の中には指先で音孔を塞ぐ奏法の奏者もいます。)
ただしリコーダーの場合、管体は太く、多くの奏者は末節骨(紫の部分)の位置で音孔を塞ぎますから、指を高く上げ過ぎてしまうと、音孔に下りるまでに時間が掛かり演奏し難くなりますので注意が必要です。
a0236250_2346153.png

一方、リコーダーで、ダブルホールを半開にするときは、指は(奏者から見て)横方向の動きになるので、PIP関節からの動きが必要です。シングルホールの穴を半開にするときや、現代作品でグリッサンドをするときにも、同様にPIP関節から動かします。ダブルホール半開の際より精密な動きが必要です。

参考までに、アイリッシュ・ホイッスル、イーリアン・パイプ(アイルランドのバグパイプ)、
ボーダー・パイプ(イングランドとスコットランドの国境付近、ボーダーのバグパイプ)の演奏動画があったのでシェアしますね。
Fred Morrison, Michael McGoldrick and Donal Lunny
https://www.youtube.com/watch?v=qVztCC37wlc


野崎剛右

by koske-p-nozaki | 2015-05-10 21:07 | リコーダーに関する話題 | Comments(0)